なにやら意味深な称号にしてしまったが、小学生1年生になった次女に自転車ののぼり方を教えていた。
当然のことながら、大人になった本日、自分では自由自在に自転車を制することができる。
なんなら手放しオペだって、依然としてできたりやる。まずいけれどスマフォ見ながらだって可能だ。
でもやっと乗ずる娘はそんなふうにはいかない。ヘルメットをかぶせて。肘・膝にプロテクターをつけて、アダルトにとっては普通の事なのに、
仰々しく対処をし、現に旅立ちという感じです。
まぁ最初は誰だって乗れないことはわかっているけど、なんとか乗れるようにしてあげたいのは親心というやつで、
はからずもムキになって仕舞うんだよね。
娘はもっと半べそかきながら止めたいと言っているのに、まだとひとりでにこちらのほうが力が入って仕舞う。
でも実践怒りは乳幼児のほうが秀逸なので、秘策をつかんてしまえば、さくっと難なく出向くもんだ。
自分も自転車に乗れるようになったのが昔だから、秘策なんで覚えてはいない。
だから言いつけみたいも無いというのが、一般的な父母の正直な所見だろう。でもついあーだこーです言って仕舞うんだよね。
というわけで、半日で無事に乗れるようになりましたとさ。