物語の主人公たちは、正面に、次の洞窟を見つけて内部に入ります

その洞窟の内部なのですが、洞窟だけに、辺りは薄暗く、あまり居心地の良い環境では、ありません。だからといってそれを理由に、引き返すわけにも、もちろんいかないのもあって主人公たちは、その内部を、進んでいきます。気を付けながら、ゆっくりと。部分的には、岩などが、とてもごつごつしていて、進みにくいとこも、あったりもしています。そこも、通過しながら、もちろん進んでいきます。要するに、岩が、壁の平面の横から、少し飛び出してるようなとこも、いくつかあります。そのため、せまい道が、さらにせまくなっているとこなどもあります。そのつど壊しながら進む手段もあるのですが、手間がかかるためあまりそれは、得策とは言えません。よけたりすることで、何とか進むことが、出来るので。いくらかの間隔を、空けた状態でそれぞれ、明かりなどが、あります。それにより、何とか進むことが出来るわけなのです。もし、それがなくても、主人公たちが、持つアイテムピッカリ鮮明ナイスなバッチリ電灯を、使えば大丈夫です。